腸の働きと免疫力の関係を知ります

人間の免疫力をつかさどっている部位には腸があり、大腸や小腸の働きが悪くなると病気にかかりやすいといわれています。
腸には独立した脳と同じ指令を出す機関があるのですが、それがパイエル板と呼ばれるところで免疫力を高める指令を出してくれます。
通常は人間の体は脳から出た指令によって体を守るための免疫力が高くなるのですが、それを腸が役割を担うことですぐに対応することが出来ます。
そのために腸内環境を綺麗にしておくことは大切なことになり、便通を浴することや免疫力との関係は切っても切れないです。
特に食べたものを弁として出すことには、体の中に不要なものを入れておかない生理現象が起きます。
そして体内から便を出すことで、綺麗な腸内環境を整えて免疫力を高く維持することができるようになります。
ある程度年齢によってその機能は低下していきますが、日常生活の食べ物では食物繊維などを積極的に取ることで回復することができます。